スロット必勝法 Part.1

どうも、大輔です。

今日はスロットで勝つにはどうすればいいかまとめてみました。

まずはじめに 、スロットは機械です。

色々なプログラムの中で動いていることを理解してください。

人間みたいに感情で動きません。

対機械ともなるとそこに勝つための道筋が必ずあるんです。

スロットの仕組み

スロットで稼ぐにおいて大切なことは目押し設定(今回は関係ない)、天井内部状態があります。

特に大切なのが天井内部状態です。

  • 目押し

目押しを適当にしてしまうと機種によっては15枚役の取りこぼしが起こったりします。

等価ならば300円損したことになります。これを5回、10回繰り返せば・・・

まずは目押しの練習を低貸しなどで練習しましょう。慣れれば簡単です。

  • 設定

スロットには設定というものが存在していて1~6段階に分かれています。

1が一番勝率が低く、逆に6が一番勝率が高くなっています。

基本的に設置されているスロットの設定は低設定だと思っていてください。

◯月◯日はイベントって時は優遇されたりします。

でも、今回の勝ち方には設定なんかフル無視です。

  • 天井

この天井が今回の最大の必勝法になります。

パチンコと違ってスロットには最大ここまで回せるよ!っていう機能が存在します。

いわゆる回転数です。

この最大の回転数は機種によって違うんですが、999G~1280Gや1580G、中には2000Gとかも存在します。

この天井に到達すると機種によってボーナス(当たり)の恩恵が受けれます。ボーナス以外の恩恵を受けれたりもするので、必ずチェックしておきたいです。

  • 内部状態

スロットには数種類の内部状態が存在します。例えば、天国超天国本前兆リセットなど様々なモードが存在します。

ここで注意したいのが、モードはほとんど画面上ではわかりません。天国モード(128Gまでに当たる)なのにやめてしまっていたら大損をくらいます。

なので、知識がないうちは必ず打つ前に打つ機種の情報を検索しましょう。

検索すればほぼ出てきます。調べる時は『機種名 やめどき』で検索してみてください。

スロットの期待値

さて、ここからが本題です。

先ほどまでは知識にフォーカスをおいてましたが、次は数字にフォーカスをおいていきます。

スロットの必勝法として天井期待値ゾーン期待値を説明していきます。

  • 天井期待値

先ほども説明しましたが、スロットには天井機能が存在します。この昨日のおかげでスロットは目で見て期待値がわかります。

台の上に設置してあるデータロボです。これはこの台がどれだけ回されているかカウントしてくれる機械です。機種によっては画面上に表示してくれているパターンもあります。

例えば、天井が999Gの台があって、回転数が970Gで空いていたとしましょう。

スロットは1000円で20~30回転くらい回せるので、1000円もしくは2000円で当たりを引けることになります。

もし、その天井のボーナスで500枚獲得できた場合、1000円(50枚)~2000円(100枚)使って500枚(10000円)獲得してるので、8000円~9000円の勝ちになります。

これがこの台の970Gから打ち始めた際の期待値になります。

も、こんな美味しい台はそうそう落ちていません。実際はもっと浅いゲーム数から回すことになります。

一体、いくらのゲーム数から回せばいいの?って話です。

先ほども言いましたが検索すればいいんですよ。例えば、化物語の期待値を見て見ましょう。『化物語 期待値』と調べます。

こんな感じでいっぱい出てきます。各サイトによって期待値が違ったりするので2.3箇所見ておくことをおすすめします。

化物語 天井期待値(999G到達でAT+倍倍チャンス確定)
ゲーム数 等価交換(円) 5.6枚交換(円) 6枚交換(円)
400G 88 -561 -855
500G 890 180 -150
600G 3264 2340 1887
700G 4389 3408 2916
800G 6693 5566 4983
900G 9524 8254 7574

※50G消化後、解呪連非滞在でやめた場合

この化物語でしたら600Gからで期待値が3000円もあります。

この3000円という期待値は化物語を600Gから回すとしてこれを10万回打てば1回あたり3000円の期待値を見込めますよってことです。

なので、600Gからを打って3000円勝てるなんてことではありません。負けるときもあれば勝てるときもあります。

期待値がプラスのところから打てば、しっかりと期待値が稼げているので安心してください。

  • ゾーン期待値

スロットには天井期待値のほかにゾーン期待値というものがあります。

ゾーンとは番長2、モンキーターンのように規定ゲーム数到達で当選する台です。

例えば、番長2であれば通常A、通常B、天国の3つのモードが存在しており、通常A→通常B→天国→通常A・・・と繰り返しにモードが変わっていきます。

通常B→通常Aに転落することはありません。

G数 通常A 通常B
100~199G 1.2% 10.4%
200~299G 30.1% 5.0%
300~399G 1.1% 18.6%
400~499G 30.1% 5.0%
500~599G 1.1% 30.2%
600~699G 30.1% 5.0%
700~799G 1.1% 30.2%
800~899G 30.1% 5.0%
900~999G 天井 天井

※天国モードは96G以内で当選

つまり、200~299G、400~499G、600~699G、800~899Gで複数回当選している台は通常Aの可能性が高まります。

しかし、可能性が高まるだけで通常Aで当選しているからといって通常Aとは限りません。それは規定ゲーム数当選ではなく、小役による当選の可能性もあるからです。

なので、このゾーン狙いは台の知識が必須で今どのモードに滞在しているかを正確に読まないと意味がありません。

わかってないまま打ち込むと実際は期待値がマイナスだったってことにもなるので初心者にはあまりおすすめしません。

天井期待値で慣れてきたらゾーン狙いの要素もプラスしてみましょう。

まとめ

最後にまとめますとスロットで稼ぐためには期待値の高い台を見つけてひたすら打ち込むことです。

中には我慢できないって方もいますが、空くまで待つ!忍耐力も必要です。

あと、自分の中でボーダーラインを決めておいてください。僕の場合でしたら期待値が1500円/台をボーダーラインにしていました。時間効率とかも交えれば機種によってはイレギュラーな部分もありましたが・・・

例えば、月に10万円稼ぎたいとします。10万円÷30日=約3000円ですね。一日に3000円分の期待値が打てれば月に10万円は達成できます。

先ほど例に出した化物語を600Gからを一日に一回打てば1ヶ月で10万円達成です。

こんな感じで今でも仕事終わりに副業として稼いでいる方や専業としてがっつり稼いでいる方もいますので、まだまだ稼ぐことは可能です。

ぜひ、挑戦して見てください。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

公式LINEはこちら☝︎

 もしくは@uxt8776fでID検索
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。