【麻雀】が出来る方が仕事に役立つ!?

どうも、大輔です。

今回は麻雀について記事にしていこうと思います。

よく麻雀は『ギャンブル』だからと敬遠される方も少なからずおられるんですが、その考え方はもったいない。

世間的には『ギャンブル』のイメージはよくありません。しかし、仕事に良い影響をもたらしてくれるんです。

せっかくなので、なぜ麻雀をやる方が仕事に良い影響をもたらしてくれるかも交えてお伝えしていきます。

麻雀は人生の縮図!?

麻雀は最初に配られた牌が不公平なところや、思い通りの牌がこないところから『人生の縮図』と言われています。

人生は自分に配られた配牌のようなもの。

最初から暗刻レベルの容姿で生まれてくる人もいれば、倍満イーシャンテンみたいな大金持ちの家に生まれてくる人もいます。

逆になんの取り柄もなく、貧しい家庭環境に生まれてくる人もいます。

麻雀は配られた配牌の中から状況に合わせて手牌を取捨選択していきます。

人生も決して平等ではないし、自分が思い描く理想にはなかなかなりません。

麻雀と人生は意外と似通っている部分があるかもしれませんね。

麻雀独特の論理的思考

多くの人は論理的思考を本を読んで身に付けようとしますが、麻雀を打つことで論理的思考力を鍛えることが可能です。

なぜ、論理的思考力が鍛えられるか?それは役を揃えることにあります。

自分が作りたい役を決めて、そこから逆算して、あがるためには何が必要かを考え続けなければなりません。

自分がどの牌を捨てるかを見るだけでなく、相手がどの牌を捨てているかも見ていきます。

「あの牌が捨てられているからあの人はこの役を狙っているのではないか・・・」

と考えていくことで物事を論理立てて考えられるようになるでしょう。

状況判断力を養うことができる

自分の手牌が良い時、自分がついてる時、相手との点差、相手が弱っている時

様々な状況がありますが、常に状況は変化していきます。

勝てる確率が高い時を瞬時に判断して素早く決断を下す。

引き際のタイミングも判断して引くときは引く、勝負するときは勝負する。

これの繰り返しです。

麻雀が強い人は状況判断力が優れた人とも言えます。

まとめ

麻雀は仕事における勝負勘や確率論を学べるだけでなく、人生においても大切な知識を学ぶことができます。

今一度、麻雀を始めてみてはいかがでしょうか?

最後までご視聴いただきありがとうございました。

公式LINEはこちら☝︎

 もしくは@uxt8776fでID検索
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。