【ツァ◯◯◯◯ク効果】興味を引くのに超絶効果的!!

どうも、大輔です。

ここ二日間で急に寒くなりましたね。中には雪が降っている地域もあったとか・・・

雪はもう勘弁してください(泣)

北陸での仕事が終わり、ようやく自宅に帰って記事作成を一生懸命にやっています。

本日の内容はタイトルにも一部だけ公開していましたが、『ツァイガルニク効果』についてお伝えしていこうと思います。

この記事のタイトルを見て記事の中身が少し気になりませんでしたか?

もし、気になった方がおられたならツァイガルニク効果が抜群に効いてます。

【ツァイガルニク効果】って何?

ツァイガルニク効果とは

「人は完成・完了した事柄よりも未完成のことに対して強い印象を受け、興味が湧く」という心理効果です。

また、単純に未完成・未完了のことに対して興味が湧くだけでなく、未完成・未完了のことに対しては記憶力も強くなるようです。

簡潔に述べるなら人は未完成・未完了のことに対しては興味が湧いて、記憶力も強くなるということです。

こんな経験したことある方いませんか?

人は未完成・未完了のことに対して興味が湧き、記憶力が良くなります。

しかし、逆を言うならもう完成したものや完了した事柄に対しては興味が薄れ、記憶力も低下してしまうのです。

例えば、学生時代のテスト前の勉強です。

テストで良い点取るために必死に勉強した知識も、テストが終わって少し経つともう何も覚えていない・・・こんな経験ありませんか?

このケースは『テスト』という事柄が完了したことによって、それに関する知識に対しても興味が失くなり、記憶力も低下して忘れてしまった。ということです。

【嫌な思い出】の原因もツァイガルニク効果

嫌な思い出ばかりが記憶に残ってることってありませんか?

過去の失恋や仕事での失敗というのは言ってしまえば、「未完成・未完了な出来事」です。

そのため、ツァイガルニク効果が発生して長く記憶に残ってしまいがちです。

だからこそ、過去の失恋や仕事での失敗は人間の記憶に長く残る傾向にあるんです。

逆に完成・完了したことに対してはすぐに忘れてしまいがちです。

つまり、「上手くいったこと、成功したこと」というのはそれ以上考える必要がないので、結構すぐに忘れてしまいます。

せっかくの小さな成功体験経験も忘れてしまっては意味がありません。

なので、小さな成功体験をメモしておくと良いかもしれません。

【ツァイガルニク効果】を活かそう!!

ツァイガルニク効果はビジネスの現場でも結構使われることが多いです。

例えば、テレビCMなどによく見かける「続きはWebで」など。

CMではあえて「続きが気になる」というところで終わらせることにより、視聴者の興味をそそるように終わらせています。

また広告の見出しなどの

「なぜ、この商品は100万人以上のお客様に選ばれるのか!?」

「成功している人は必ず◯◯をしている!!」

このように疑問を投げかけるように終わらせたり大事な部分をあえて伏せたりすることによってツァガルニク効果を発生させて

広告の読み手や見込み客の興味を引き、商品の成約に繋げています。

まとめ

  • 人間は未完成・未完了のことに対して興味が強くなり、記憶力も高くなる
  • 完成・完了したことに対しては興味をなくし、記憶力も低下
  • 自分の成功を忘れない工夫をする
  • 全てを伝えず、気になるところで終わらせることで相手の興味を引く

ビジネスの現場でツァガルニク効果を上手く使いこなすことができれば、あなたの業績に多大なる影響を与えることも可能です。

ただ、あまりにも勿体つけて言わずにいると、相手の興味は引けても好感度を下げる恐れもあるので気をつけましょう。

もし興味があれば実践してみてください。

ツァガルニク効果についてもっと具体的な手法が知りたい方は公式LINEへ!!

公式LINEはこちら☝︎

 もしくは@uxt8776fでID検索
最後までご視聴いただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。