営業の基本【営業テクニック】

どうも、大輔です。

いつもご視聴いただきありがとうございます。

昨日から僕は仕事で石川県、富山県に来ています。

どこにいても記事が書けるネットビジネスは魅力的だなと感じています。

本日の記事は営業の基本について伝えていこうと思います。

ここをまずはきっちりとこなさないと成立する商談も成立しないと思ってください。

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは?

話し手が聞き手に与える影響を研究と実験に基づいて数値化したものです。

具体的には話し手が聞き手に与える影響は「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つから構成され、それぞれの情報の影響力は違います。

言語情報:7%

聴覚情報:38%

視覚情報:55%

  • 言語情報

話し手が発する言葉の意味や、言葉で構成される話の内容。

  • 聴覚情報

話し手が話す声のトーン、大きさ話し方話す速さ

  • 視覚情報

話し手の表情、目線、態度、仕草。または見た目など。

営業をする際にご自身の商材が良いものだからと口説き文句を言う方もおられると思いますが、メラビアンの法則上で最も大切なことは視覚情報です。

全体の半分以上を占めています。

いわゆる第一印象ってやつですね。

話す内容よりも話す口調よりも見た目で判断されてしまう場合があるということです。

例えばですが、スーツでバッチリ決まっているビジネスマンとボロボロの服を着たホームレスがいたとします。

同じ内容の商材を二人から聞いた場合、どちらから聞いた方が説得力があると思いますか?

圧倒的に前者ですよね。これがメラビアンの法則の答えです。

次に聴覚情報が約4割を占めています。

相手が聞き取る内容は伝え方一つで伝わり方が大きく変化してくるということですね。

僕はクライアントに話す際に特に気をつけていることは声のトーンです。

抑揚をしっかりとつけて出来るだけ大きな声で話すようにします。

ここぞ!という場面ではクライアントにインパクトを与えるイメージで話すようにしています。

そもそもクライアントはこちら側が話す内容は100%理解しているというケースはありえません。

だからこそ、大事なとこだけしっかりとインパクトを与えてしまえばいいわけです。

最後に言語情報ですが、クライアントに伝える内容なんかクライアントには1割も影響を与えられていないんですよ。

では、必要ないのか?ってことにはならないですが、クライアントが購入するかどうかの影響力には最も低いということです。

まとめ

いかがでしたか?

メラビアンの法則は営業をする上で基本中の基本になります。

「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つが与える影響についてお伝えしましたが、最も影響力を持つ「視覚情報」に関しては見た目の問題なので今すぐ身なりを整えることは可能ですよね。

意識してみてください。

「聴覚情報」に関しては少しばかり経験値を積まないと身に付けることは難しいかもしれません。

しかし、僕も営業を始めたばかりの頃から出来ていたわけではありません。

数え切れないほどの場数を踏んできたから身に付けられたと思っています。

あなたの営業が今まで以上に良くなるために努力してみてください。

最後までご視聴ありがとうございました。

このメラビアンの法則を素早く習得したい方はご連絡ください。

具体的な習得方法を教えます。

公式LINEはこちら☝︎

 もしくは@uxt8776fでID検索
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。