ビジネスの現場では固定概念を外してしまえ!!

どうも、大輔です。

今日は早朝から佐賀県に向けて新幹線に乗っています。

久しぶりに新幹線に乗りましたが、やっぱりグリーン車は快適ですね。

正直、眠たいのもあるんですが

せっかく時間があるので、記事を書く時間にあてようと思って内容も色々と考えていました。

本日の記事は【固定概念】について記事にしようと思います。

みなさんも今まで生きてきた人生が長ければ長いほど染み付いた固定概念があると思います。

その固定概念はビジネスの現場では外しておくことをオススメします。

ここで一つ問題を出します。

下記の六角形の図を見てください。

Q.この六角形に一本の線を引いて三角形を2つ作ってください。

※答えがわからない方はスクロールに注意してください。答えは下に載せていますので。

どうですか?難しいですか?

ヒントを一つだけ言うとするなら、一本の線の種類は色々ありますよ。

A.下記のように太い線を一本引けば三角形が2つできますね。

いかかでしょうか?

これ、わかった方はおられますか?

ちなみに僕はこの問題を初めて聞いたときは全くわかりませんでした。

この問題を出した理由っていうのは

まさに『固定概念』なんですよ。

おそらく、みなさんの頭の中の一本の線って比較的に細い線をイメージしてませんでしたか?

しかし、細い線だけがもちろん線ではありませんよね。

太い線も線なんですよ。

当たり前のことではありますが、みなさんの固定概念で『線=細い線』が染み付いてしまっているわけです。

ビジネスをしていく上でこの固定概念を外すかどうかが結果に左右される場面を僕はたくさん見てきていますし、経験もあります。

例えば、昔にこんな経験があったんですが

僕が「この人は絶対にアポイントを取っても契約してくれないだろう」と思っていてアポイントを取らなかった方がおられたんですが

知らない間に別の同業者の方がその方にアポイントを取って契約まで取ってしまったケースがありました。

これって、完全に僕の固定概念で今までの付き合いをしてきた中で「この人に話しても意味ないだろう」って勝手に自分の中で決めてしまってたんですね。

今思うと本当にがっかりな経験です。

でも、この経験をしたからこそ次回からは絶対にないようにしています。

みなさんもビジネスの現場ではもちろんですが、普段の私生活の中でも色々な固定概念があると思います。

この固定概念を外しておくことでの変化は確実に大きいものになりますので

意識してみてください。

でも、固定概念を外すって具体的にどうすれば?って方は連絡ください。

具体的な方法をお伝えしますので!!

↓↓↓

公式LINEはこちら☝︎

 もしくは@uxt8776fでID検索

本日の記事は以上になります。

最後までご視聴ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。