【バスケットボール】トラベリングにおいてのルール改定!?

どうも、大輔です。

バスケをしている方ならすでにご存知の方がおられるかもしれませんが

2018年4月から『トラベリング』におけるルールが改定されました。

実際にFIBAの方では、2017年10月からすでに変更になっていたみたいです。

確かにNBAを見ていても「これトラベリングじゃない?」ってプレイをよく見かけます。

実際にどのようなルール変更になったかというと

いわゆるゼロステップと呼ばれていて、今までのルールを適用するとトラベリングだったプレイでした。

審判、大会により吹いたり吹かなかったりと曖昧なところがありました。

しかし、今回のルール改定から正式に正当なプレイとして認められたわけです。

ゼロステップとは?

動画を見てもらえれば早いんですが

従来のルールならパスを受けたと同時に片足が床に付いていれば、一歩目のカウントです。

しかし、今回のルールからはこの一歩目をゼロとしてカウントしないということです。

下記の動画を見てください。(パスを受けた際のプレイ)

それと、動きながらドリブルをしている時にドリブルを止めた最初の一歩目もゼロステップとしてカウントしないということです。

下記の動画を見てください。(ドリブルの最初の一歩目のプレイ)

大きくこの2つの要素がゼロステップ扱いになります。

ゼロステップが適用されるとプレイに影響が出るのでは!?

正直、競技歴の長い方ですと

ゼロステップに慣れるまでは違和感でしかないと思います。

僕自身もゼロステップを試合中に使いこなせるかというと、不安はありますよね。

しかし、ゼロステップが慣れない間は今まで通りのプレイをしてもらえれば全く問題ありませんのでご心配なさらずに!!といったところでしょうか。

むしろ、プレイ自体に対する違反行為の幅が広まったわけですからね。

よく、ボールを保持している状態からドリブルを突き出す一歩目で

ボールを突き出すより先に軸足が床から離れてトラベリングを取られる方は非常に多く感じます。

これが今回のルールからトラベリングになりません。

僕としては現役の頃にこの行為で笛を吹かれることをよく経験していますので、それが無くなるのは非常に嬉しいことです。

結論、プレイに対する影響は出てこないと思います。

まとめ

トラベリングはバスケのルールの中でも審判に応じて曖昧な部分があります。

試合をしている間は審判が絶対ですからね。

皆さんもルールに合わせたテクニックを磨いていけるようにしてください。

なによりもバスケを楽しくできることが大前提だと思います。

さらにわかりやすく説明してくれている動画がありましたので

こちらも合わせて見てもらえれば理解できると思います。

本日の記事は以上になります。

最後までご視聴ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。